全身脱毛の変化

最近では、大学に入ると全身脱毛を受ける女性が多くなってきました。
自分で脱毛をするのでは処理が不十分ではないか、という不安が残ってしまうことや、時間が掛かるということが理由です。
そしてもう一つ大きな理由であるのが、全身脱毛が比較的安価に、かつ時間を掛けずに行えるようになったことでしょう。
というのも、ここ数年の間で利用されている脱毛の方法というものが変わりました。

従来、全身脱毛に利用されていたのは「ニードル脱毛」という方法でした。
これは細い針金を脱毛したい毛穴に通し、微弱な電流を流すことによって毛母細胞を破壊するという手法です。
現在でも確実に永久脱毛を行いたい場合などに利用されることがありますが、この方法には二つの問題がありました。
まずは毛穴一つ一つにニードルを通さなければならないため時間が掛かることです。
そしてもう一つは、極めて痛みが強いことです。
痛みの強さから、処置を最後まで受けられないという人がいるほどでした。

これが現在では「フラッシュ脱毛」「レーザー脱毛」というものが利用されるようになりました。
これらは脱毛したい箇所に対して特殊な光を当てることで脱毛を行うというものです。
痛みが非常に弱くなり、輪ゴムで弾いた程度の痛みしかないとよく言われます。
さらに掛かる時間も非常に短くなったというメリットがあります。
その代わり、処置を行った時点で毛が生えている場所にしか脱毛効果がないため、何度も繰り返し通う必要があります。

Copyright © 2014 全身脱毛の施術後は… All Rights Reserved.